blog index

かごぐり日記

かごしまのグリーン・ツーリズム情報はここからGET! 体験×交流×人=笑顔
<< タネガシマは美味しいぞ | main | 自然に囲まれて、美味しく食農体験!! >>
この一日のために残り364日が面白い
11/21(日)晴れ渡る、霧島の空のもと、第7回霧島食の文化祭が開催されました!!
食を大切にする文化を育てる活動をされている、NPO法人霧島食育研究会さん主催。

「この一日のために残り364日が面白い」
研究会員の有馬さんが食の文化祭を例えた言葉。
1年の中で、たくさんのスタッフ・お客様が心待ちにしている一日。
どんな一日なんだろう??
この言葉が気になって、食の文化祭の準備段階から本番までを体感してきました!!

当日の様子をリポートしますcamera
201011301346366647_1.jpg
霧島の家庭料理大集合!!
食の文化祭のメインshine
1人1人の思い出の料理が詰まった家庭料理が大集結しました。
誰でも出展できるコ―ナ―。
オシャレなものでなくていい。
「普段着の食が地域の宝」
私も小学生のころ母親が作ってくれた「びっくりおにぎり」を出展。
自分の思い出の食ってなんだろう??って改めて考えたことで、母親の愛情を再認識heart02
自分の子供にも(これからのsmile)、心に残るような温かい食生活をさせたいなと思いましたriceball

201011301346056511_1.jpg201011301346366647.jpg











こちらはカワイイ子供達が大活躍!
霧島食育研究会で、田んぼ活動をした子供たちが自分たちで作ったお米を販売note

小さい時に、田植えから脱穀までした子供たち。
お米ができるまでや、お米のありがたさを感じ、毎日のご飯を見る目も変わったはずsign03


201011301345116759_1.jpgイベントもてんこ盛り!!
霧島の地大豆を使った豆腐作り〜notes
試食もありましたよーsign01
作りたての豆腐はまろやかheart04優しい味heart04

201011301345116759.jpg






餅つきも!!
頑張って杵(きね)を振り上げる子供がかわいいsun
できたては、「ねったぼ」にnote
たぁ〜くさんの方が美味し幸せそうに食べておりましたsign03

201011301346056511_3.jpg
地元の高校生もスタッフとして大活躍!
昼食の高菜おにぎりを包んでくれています。

食の文化祭に関わった高校生は、栄養士などを目指すことも多いそうshine
卒業してからも文化祭のお手伝いにきたりと、地域の子供を育てている文化祭でもあるんだなぁ〜〜flair

すごくいい経験sign03


今回の来場者は1500人!会場内は大賑わいですgood
201011301345126759_1.jpg

大人気のちゃぶ台かふぇ。家族で囲むお茶のおいしさ。懐かしい気持ちになる
201011301345126759.jpg201011301346366647_2.jpg









竹細工のコーナーも!マイ箸つくり。100円で体験できちゃいました↑

201011301346056511.jpg
150人以上のスタッフが準備から当日まで協力して迎えた食の文化祭。
生きていく上できっても切り離せない食apple
素材が持つ力やありがたみを知り、作ってくれる人への感謝の気持ちを振り返り、大切な人と囲む食事の美味しさ・楽しさを感じるheart01
お客様・スタッフそれぞれが食を見直すきっかけになった会場内はとても温かい雰囲気でしたhappy02

また来年!!
を楽しみに364日、奥深〜い食と楽しく向き合っていきましょうhappy01

-----
| かごしまグリーン・ツーリズム協議会 | かごしまの魅力 | 19:53 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
コメント
コメントする


この記事のトラックバックURL
http://blog.kagoshima-gt.net/trackback/59
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>

bolg index このページの先頭へ