blog index

かごぐり日記

かごしまのグリーン・ツーリズム情報はここからGET! 体験×交流×人=笑顔
<< 農土家園さんのスイーツ | main | ?Ÿ2010 >>
修学旅行シーズン到来!
 9月22日 笠沙恵比寿にて福岡県から来た中学生のカヤック体験を受入れました。実施場所は小浦漁港で中学生の到着予定は10時です。2時間前から受入れ準備に入り、インストラクターは仮山マネージャーが務め、近隣の漁師さん7名が漁船3隻に分乗し警備にあたりました。

参加者は引率の先生2名含む34名。
まずは海岸でライフジャケットを着用し、注意事項の説明があり、パドルの漕ぎ方などをレクチャー。
海では漁師さんたちが目を光らせています。


さあ、出発。沖合約1キロの小島に向けて漕ぎ出す子どもたち。
笠沙町のシンボル「野間岳」がクッキリと見えます。






やっぱり子どもたちは、飲み込みが早い!あっという間に操作方法をマスターし、島に向います。
一番遅く到着したのは、なかなか真っ直ぐに進んでくれない先生たちのカヤックでした。



島に上陸後、あらためて注意事項を説明。アウトドアの鉄則「自分の身は自分で守る」を学ぶには絶好の機会だ。


ルールを守りさえすれば後は自由なのがアウトドア。カヤックで遊ぶ者、泳ぐ者、海洋生物を観察する者 と笠沙の海を楽しんでいました。


たくさんの体験後、昼食の弁当、もうひと遊びが済んだ頃、「野間岳」の山頂が雲に隠れはじめました。漁師さんが険しい顔で「そろそろ戻ったほうがええ」と呟く。


戻る途中、向かい風が急に強くなり、大粒の雨が横殴りに降ってきました。
しかし、誰ひとりとして漁船に救助を求めません。むしろ、この状況を楽しんでいるかのようです。


漁港に着くころには、土砂降りも通り過ぎました。名残惜しいが帰る準備です。シャワーなんてありませんので1人ずつホースの水で丸洗い、「ひやっ、冷てぇ〜!」


 いつかまた  遊びにおいで。

笠沙恵比寿の仮山さんと漁師の有田さんと愛犬コロはいつまでもいつまでも手を振っていました。(片)



| かごしまグリーン・ツーリズム協議会 | 体験 | 10:56 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
コメント
コメントする


この記事のトラックバックURL
http://blog.kagoshima-gt.net/trackback/37
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< April 2019 >>

bolg index このページの先頭へ