blog index

かごぐり日記

かごしまのグリーン・ツーリズム情報はここからGET! 体験×交流×人=笑顔
<< ☆充実一日体験☆in旬の「森の駅たるみず」 | main | 伊佐は元気です!! >>
西薩海道 探検バスツアー
 7月31日土曜日、西薩海道沿いの6つの漁協が力を合わせ、ユニークなバス探検ツアーを実現させました。それぞれの漁協が地域の特性を生かした体験メニューと試食を用意し、43名の参加者に西薩海道の魅力を満喫してもらおうと企画したものです。廻る漁協の順番は羽島→串木野→島平→市来→江口→吹上です。


羽島ではボランティアのガイドさんが「薩摩藩英国留学生の碑」周辺を案内。
ここは鹿児島中央駅東口にある「若き薩摩の群像」の若者たちが旅立った黎明の地なのです。




漁協直営の直売店「うんのもん」では朝茹であげたばかりのタコで刺身つくりを体験。
体験後はもちろんお腹の中へ直行しました。〔羽島〕



串木野ではマイナス30度の冷凍庫を体験しました。外気との温度差は60度あり、はじめは面白がっていましたが、3分もしないうちに「早く出してくれ〜〜!」と悲鳴が聞こえました。



8月中旬発売予定の新商品を試食。漁協でプロジェクトチームをつくり試行錯誤の末に完成した自信作。
左上がマグロハイカラ揚げ、右中がまぐろカレー、左下の玉子焼きはおまけ。
食後の感想は「こらぁ〜売れるバイ!」〔串木野〕




島平では照島神社周辺を散策しました。島平漁協の優しいおねえさんがガイドをしてくれました。



漁協の直営店「照島 海の家」では漁協婦人会オリジナルのお味噌でつくった地魚のみそ汁をいただきました。
炎天下でもうまいものはうまい!
〔島平〕



市来では、はえ縄の釣り針の結び方体験をしました。簡単そうにみえてナカナカうまくいきません。
でも皆、こんなに大きな釣り針を見るのは初めてで何度も何度も挑戦していました。


なにやら香ばしい匂いがしてきました。
月日貝のバーベキューの始まりです。
漁協の方が「生で食べてもおいしいよ」と言うので生でいただきましたら、とってもクリーミイでした。
〔市来〕


江口漁協直営の江口蓬莱館では、ちりめんの中に潜む「ちりめんモンスター探し」を体験しました。
図鑑と照らし合わせながらモンスターの正体を探る「これが楽しい!」

このあと、商品開発中の「魚串し」と「ミニちりめん丼」をいただきました。


江口蓬莱館の迫支配人は「西薩海道ネットワークは、物産館だけではなく、地域の行事、祭りを含め、西薩エリアをもっと知っていただきたいと思っています。そのためには羽島から吹上町まで点ではなく線でアピールしていきます」と優しげに語られた。



今日最後の訪問地 吹上町では手作り干物が待っていました。
お腹はかなり膨れているのに、いくらでも入っていくのが不思議でなりません。


漁協と市場と直営店「吹上浜おさかな館」が同じ建屋にあるので、新鮮度が格段に違う。
時化で漁がない時でも、注文があれば市場内の生け簀からすぐに調達できる。


陽がだいぶ傾きかけた入来浜で貝堀り体験をしました。


皆、心もお腹もとっても充実した一日でしたでしょう。
(片)








| かごしまグリーン・ツーリズム協議会 | イベント | 14:39 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
コメント
コメントする


この記事のトラックバックURL
http://blog.kagoshima-gt.net/trackback/16
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< June 2018 >>

bolg index このページの先頭へ