blog index

かごぐり日記

かごしまのグリーン・ツーリズム情報はここからGET! 体験×交流×人=笑顔
<< 「めちゃめちゃ灰まみれ。ドロドロやでぇ!!」ツアー | main | ☆充実一日体験☆in旬の「森の駅たるみず」 >>
霧島食べ物伝承塾・・・料理上手への道!!
 
NPO法人霧島食育研究会さんの、「霧島食べ物伝承塾」に参加してきました

レシピのない料理教室として、毎月第3水曜日(変更あり)に開催されています。

霧島産の材料にこだわり、鹿児島の郷土料理や郷土菓子など、何気なく食べているけど、実際に作ろうとしたら作れない料理をテーマにメニューを設定

今回は、「豚みそ」「冷汁」「らっきょうの酢みそ和え」
夏に嬉しい、夏バテ対策バッチリのメニューです

まず、使う食材の説明

霧島でとれた、活き活きした食材が並びます
霧島の野菜や米、霧島食育研究会のスタッフさんで作られた味噌。
使う「めんつゆ」も地元のばぁちゃんが作ったものだったり、酢は福山酢だったりと、徹底しています
私たちが住む鹿児島は、素材から調味料から地元産で揃えられる、食県だなぁと実感


霧島食育研究会 千葉さんによる、料理の手順説明

レシピを敢えて用意しないのは、料理教室だけでなく自宅ですぐ作ってみて、自分のモノにするため

一過性ではなく、食文化の継承を目指して活動される霧島食育研究会さんらしいと実感しましたッ

手順説明では、料理のいろんなコツ・アレンジも一緒に説明してくださるので、自宅での料理に活かせる技をたくさんGETできます


私も実際に料理に参加しました

参加者のみなさん、料理が上手な方ばかり
料理や食に興味があって、「伝承塾」に参加するのは、色んな料理を覚えるのが楽しかったり、自分の家でも作ってみたくなる、スタッフさんのアイディア料理が目的だとか

そんな参加者の皆さんは、全員私にとって先生でした

さてさて!
美味しそうな料理が並んできました〜
「食べる」ことを更に楽しくするには、「演出」も大切です

私も個人的に料理教室に行ったこともありますが、ランチョンマットを敷いて用意するのは初めて
やっぱり、食べる時間を楽しくすることも意識すべきですね。
全然雰囲気が変わります

そんなこんなで、完成〜!!!!!

あれ?
   あれ?

メニュー増えてる???

そうです!

霧島食育研究会のスタッフさんが、+4品(写真には無いのですが、フワッと大きな卵焼きもあったのです!)も作ってくださっていたんです

白玉のデザートまで


お腹一杯の量でしたが、一つ一つが野菜を使った、優しい味付けの料理でしたので、全然お腹にもたれることはなく完食しましたッ


すごく手を加えなくても、旬の食材を活かした調理・味付けで引き出せる、素材の美味しさに感動した時間でした


地域の「当たり前」の一つ一つの食にこそ、愛情も物語も詰まっている
霧島食育研究会さんは、そんな食の魅力・力を私たちに教えてくれる活動をされています。
霧島食育研究会さんのHPでイベントの募集もされてますので、ご興味もたれた方は是非参加してみてください
| かごしまグリーン・ツーリズム協議会 | 体験 | 16:15 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
コメント
コメントする


この記事のトラックバックURL
http://blog.kagoshima-gt.net/trackback/14
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

bolg index このページの先頭へ