blog index

かごぐり日記

かごしまのグリーン・ツーリズム情報はここからGET! 体験×交流×人=笑顔
第8回 霧島食の文化祭
 晴天の11月20日(日)。

県内外から、180名のスタッフと1000名以上の来場者が集い、霧島 食の文化祭 が大盛況のもと開催されました!!

今回で8回目の食の文化祭

NPO法人霧島食育研究会さんが準備に準備を重ねて迎えた日。

霧島中から集まった家庭料理を中心に、たくさんの「普段着の食」、そして昔からの「暮らしの知恵や楽しみ」が集結しました!!

【家庭料理大集合】

色とりどりの家庭料理を、楽しそうに見て回る来場者。

出展者の、1人1人の思い出の料理がレシピとともに展示されています

誰でも出展できるコ―ナ―。
オシャレなものでなくていい。
「普段着の食が地域の宝」

レシピを一生懸命メモする来場者の姿もたくさんお見かけしました








【高校生による「食育絵本読み聞かせ」】
高校生による絵本読み聞かせ

かわいい子ども達がたくさん集まっていました

この食の文化祭では、地元の高校生スタッフがたくさん関わっています。

食の文化祭に関わった高校生は、栄養士などを目指すことも多いそうshine
卒業してからも文化祭のお手伝いにきたりと、
地域の子供を育てている文化祭でもあるんだなぁ
としみじみ


私たちの生活に切っても切り離せない  。

食べ物のありがたさを・大切さを振り返る会場内には、食にまつわるたくさんの展示がありました。









年 大人気の【ちゃぶ台カフェ】

懐かしいちゃぶ台をかこんで、漬物とお茶を手におしゃべりが弾みます。
家族で囲む食卓のおいしさを思い出し、楽しいひと時を過ごしていただきました


お客様・スタッフそれぞれが食を見直すきっかけになった会場内はとても温かい雰囲気でしたhappy02

また、来年も開催されますのでお越しくださいね。


鹿児島の他の地域でも、「地域の食をみつめよう」と、少しずつ食の文化祭の輪が広がってきています。

12月には日置でも開催されますよ


霧島食育研究会さんHPはコチラ





| かごしまグリーン・ツーリズム協議会 | イベント | 16:10 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
10月の週末は姶良エリアの直売所へ♪
 秋の旬な味覚に会いに行こう!!

「ネットワークかごしま中央」が初のイベントを開催します!!

10月2日(土)合同販売会
10月17日(日)直売所めぐりバスツアー

かごぐりHP内イベントコーナーでもお知らせ中♪

蒲生町物産館くすくす館さんのブログでもPR中♪♪
http://kusukusukan.potika.net/blog/159.html


他にも、10月の週末は楽しさ目白押し
姶良地区の直売所どこかでイベント【秋の収穫祭〜新米祭り】が開催されています
一部ご紹介
10日 牧園町特産品販売所
23日 蒲生 くすくす館
24日 国分 じょうもん市場

美味しいお米をGET〜


*感動ウラ話
8店舗が参加する、ネットワークかごしま中央さんの合同販売会。
小さな店舗で、販売スタッフをだせない店舗も参加できたのはネットワーク内に思いやりの心があったから
「商品だけだしてくれたら他の店舗のスタッフで販売するよ」
大きな店舗が、小さな店舗を助ける。
その積み重ねで、小さな店舗も少しずつ体力をつけていき、そのエリアの魅力づくりに欠かせない店舗になるかもしれない
合同販売会がキッカケで、たくさんのお客様に知ってもらいヒットする商品があるかもしれない
そのチャンスは、ネットワークに加盟している店舗には平等にある

困った時に助け合える関係を築いてるネットワーク。
互いの直売所のことを考え、お互いの発展を目指しているからこそ
| かごしまグリーン・ツーリズム協議会 | イベント | 20:01 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
笠沙の夏は終わらない
 9月12日の日曜日に笠沙町野間半島付近の海で南薩地域振興局が主催するモニターツアーが実施されました。目的は南さつまの海の素晴らしさを一人でも多くの方々に知っていただき、南さつまのファンになっていただくための企画です。内容はシーカヤックスで東シナ海に漕ぎ出し綺麗な海や生き物、風景を楽しむことです。

ガイドはアウトドアの達人、かごしまカヤックス代表の我らが野元さん(向かって右)と南さつま市G・T推進協議会会長の仮山さんです。



今日の天気は予報では午後から雨、西風が強く岩にぶち当たる波がしぶきを上げています。





ぞくぞくとモニターたちが集まってくる中、カヤック倉庫裏で人知れずアシスタント2名を交え、打ち合わせ。
今日のルートや危険区域のチェック、スタッフの役割の再確認を入念に行う。

午前9時いよいよ開会式です。
モニター20名は遅刻者もなく集合、スペシャルゲストとしてFMラジオパーソナリティ有賀真姫さんが参加。




モニターの大半がカヤック初体験なのでパドルのこぎ方や方向転換のやり方をアクションを加えて説明する野元さん。

いよいよ実践です。漕ぎ方や舵の操作に慣れるまで、湾内で練習をしました。30分ほどで皆、そこそこに操れるようになりました。





さあ、出発進行!すぐ横で野間岬ウインドパークの風車10基がビュンビュンと音をたて勢いよく回っています。


少しうねりはありますが、天気は最高!
目的地は海からでないと上陸できない海岸。そこでのランチと海遊びがボクらを待っています。


上陸地点の海岸付近の波が高く、一艇づつ陸地に近づき、ガイドさんたちが身を呈して上陸を誘導する。
沖で待つモニターたちにも緊張が走る。





上陸してしまえばこっちのもの。
シュノーケリングに夢中になるもの、潜って熱帯魚やサンゴを観察するもの、二人の世界に浸るカップル といろいろです。




そうこうしているうちに昼食の準備が始まりました。今日のメニューはフランスパンを使ったホトドッグ風サンドイッチとコンソメスープです。皆で準備するからおいしいのです。


昼食中に風が強くなりシートが飛ばされたり、スコールもありましたが冒険野郎たちには“ヘのカッパ”です。
まだまだ遊びの時間は終わらないのです。


笠沙恵比寿に戻る時間が近づいてきました。すっかりうちとけ合ったモニターたちは、記念撮影をしたり、水かけっこをしたりして笠沙の海とシーカヤックを満喫しました。(片)




| かごしまグリーン・ツーリズム協議会 | イベント | 11:47 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
今年の秋は♪♪ 南薩摩まるごと体験記〜

かごぐり(かごしまグリーン・ツーリズム協議会)のHPでも紹介していますが!!
HP・TEL予約どちらも始まりましたー
パンフレットも鹿児島県内各所に置いているので、是非是非手に取ってみてね
自分が知っている以外の、南薩摩の魅力に出会えるよ

パンフレットはHPでも見れるようになってます
http://marugoto-taikenki.potika.net/
きれいな景色や、たのしそーうに笑っている南薩摩の人々の笑顔に会いに行きましょー


天まちサロンさんのブログでも
南薩摩まるごと体験記 が紹介されていまーす


天まちサロンさんには、パンフレットも置いているので、天文館でお買い物途中に見てみてくださいねッサロン内は休憩スペース&お茶も用意されているので、お買い物の休憩がてら、パンフレットを見ながら
どのコースに参加しよう〜と楽しくご家族・お友達と相談してみてください

天まちサロンさん、ブログで楽しくご紹介くださりありがとうございます


もひとつ、告知〜
かごぐり南がラジオで体験記のPRをさせてもらいますっ

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
明日9/5(日)14:00〜
MBCラジオ「スマイリー園田のライブアライブ」
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

物産館スイーツ祭りでご縁ができた、スマイリーさん、PRの機会を与えてくださり
感謝感謝デス

鹿児島県人同士、かごしまを盛り上げていきましょー


| かごしまグリーン・ツーリズム協議会 | イベント | 14:46 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
西薩海道 探検バスツアー
 7月31日土曜日、西薩海道沿いの6つの漁協が力を合わせ、ユニークなバス探検ツアーを実現させました。それぞれの漁協が地域の特性を生かした体験メニューと試食を用意し、43名の参加者に西薩海道の魅力を満喫してもらおうと企画したものです。廻る漁協の順番は羽島→串木野→島平→市来→江口→吹上です。


羽島ではボランティアのガイドさんが「薩摩藩英国留学生の碑」周辺を案内。
ここは鹿児島中央駅東口にある「若き薩摩の群像」の若者たちが旅立った黎明の地なのです。




漁協直営の直売店「うんのもん」では朝茹であげたばかりのタコで刺身つくりを体験。
体験後はもちろんお腹の中へ直行しました。〔羽島〕



串木野ではマイナス30度の冷凍庫を体験しました。外気との温度差は60度あり、はじめは面白がっていましたが、3分もしないうちに「早く出してくれ〜〜!」と悲鳴が聞こえました。



8月中旬発売予定の新商品を試食。漁協でプロジェクトチームをつくり試行錯誤の末に完成した自信作。
左上がマグロハイカラ揚げ、右中がまぐろカレー、左下の玉子焼きはおまけ。
食後の感想は「こらぁ〜売れるバイ!」〔串木野〕




島平では照島神社周辺を散策しました。島平漁協の優しいおねえさんがガイドをしてくれました。



漁協の直営店「照島 海の家」では漁協婦人会オリジナルのお味噌でつくった地魚のみそ汁をいただきました。
炎天下でもうまいものはうまい!
〔島平〕



市来では、はえ縄の釣り針の結び方体験をしました。簡単そうにみえてナカナカうまくいきません。
でも皆、こんなに大きな釣り針を見るのは初めてで何度も何度も挑戦していました。


なにやら香ばしい匂いがしてきました。
月日貝のバーベキューの始まりです。
漁協の方が「生で食べてもおいしいよ」と言うので生でいただきましたら、とってもクリーミイでした。
〔市来〕


江口漁協直営の江口蓬莱館では、ちりめんの中に潜む「ちりめんモンスター探し」を体験しました。
図鑑と照らし合わせながらモンスターの正体を探る「これが楽しい!」

このあと、商品開発中の「魚串し」と「ミニちりめん丼」をいただきました。


江口蓬莱館の迫支配人は「西薩海道ネットワークは、物産館だけではなく、地域の行事、祭りを含め、西薩エリアをもっと知っていただきたいと思っています。そのためには羽島から吹上町まで点ではなく線でアピールしていきます」と優しげに語られた。



今日最後の訪問地 吹上町では手作り干物が待っていました。
お腹はかなり膨れているのに、いくらでも入っていくのが不思議でなりません。


漁協と市場と直営店「吹上浜おさかな館」が同じ建屋にあるので、新鮮度が格段に違う。
時化で漁がない時でも、注文があれば市場内の生け簀からすぐに調達できる。


陽がだいぶ傾きかけた入来浜で貝堀り体験をしました。


皆、心もお腹もとっても充実した一日でしたでしょう。
(片)








| かごしまグリーン・ツーリズム協議会 | イベント | 14:39 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
物産館スイーツ祭り
 7月10日(土)・11日(日)に鹿児島市花尾町の物産館「八重の里」に「きんかんの里ふれあい館」「せせらぎの郷二渡」の3店自慢のスイーツを一同に揃え、「物産館スイーツ祭り」を開催しました。当初、予報では大雨でしたが、二日間とも天候にも恵まれ、大盛況のうちに終了することができました。

今回揃えたスイーツは左から
1.饅頭「はなつまん」(手前)
2.饅頭「これまん」(後ろ)
3.きんかんみそパイ
4.きんかんゼリー
5.レイシパン
6.レイシパウンドケーキ(カゴ手前)





7.レイシかりんとう(かご右横)
8.入来金柑入りふくれ菓子
9.玉子ふくれ菓子
10.3色ふくれ菓子
       
           の10品目です。



MBCテレビ、MBCラジオ、南日本新聞さんが取材に来てくれ、それが呼び水となり、たくさんの方々に会場に立ち寄っていただきました。感謝。



行政区域(鹿児島市・薩摩川内市・さつま町)が異なる国道328号線沿い3店の物産館がお互いの地域の特徴を生かしたスイーツを揃え、同じ告知ポスターを貼り、チラシを配って話題作りをしました。
初めての試みでしたので、どれだけの効果があるのか見当もつきませんでした。しかし、どのスイーツも予想を遥かに越えた反響をいただきました。
今回の試みは、ひとつのテストケースに過ぎませんが、今回協力してくださった物産館の皆さま、私たちも含め、地域間協力の重要性を肌で感じることができ大変有意義な催しだったと思います。
最後に、今回の試みに最初から積極的な賛同の意志を示し、場所の提供など快く承知してくださった「八重の里」石谷館長とスタッフの皆さまに心からお礼を申しあげます。(片)
| かごしまグリーン・ツーリズム協議会 | イベント | 14:38 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
いよいよクランク・イン
 7月10(土).11日(日)開催する「物産館スイーツ祭りIN八重の里」を題材にしたMBCさんでの番組制作が決まり、今日から撮影に入りました。






八重の里館長とスイーツ祭りに合わせてた新商品の開発状況を確認するシーンです。



八重の里で開発中のレイシパンです。
試食させてもらいましたら、レイシとパンの相性が大変良く、「これなら売れる!」と直観的に感じました。
当日は3個100円で販売します、売り切れ必至!お早目にご来店ください。


それから、私たちは入来峠を越え、薩摩川内市に入り、きんかんの里ふれあい館を訪問し、お店の方に地元の特産品“きんかん”を使った、ここならではのスイーツについてお話を訊きました。


入来金柑入りふくれ菓子を試食してみました。
思わず「ふくれ菓子の金メダル!」と叫んでおりましたら、ディレクターは冷たい目線で「このシーンはカットね」とスタッフたちと話していました。


私たちはきんかんの里ふれあい館の中にあるレストランで“きんかんそば”を食べ、さらに国道328号線を北上し、さつま町のせせらぎの郷二渡に向かいました。

店内に入り、まず気付くことは、和菓子類が他の物産館に比べて多く、店長に訊くと町内に有名な老舗の和菓子があるという。
早速、店長に紹介してもらい訪問、しこみ風景を撮影し、作る手順やこだわりについてインタビューしました。 〔田畑屋厨房にて〕→





屋号「田畑屋」創業150年。
4代目店主は、手作りへのこだわりを淡々と語った。








「これまん」
こしあんをこれ菓子で包んだ田畑屋さんの代表的銘菓。手の平に乗せるとズッシリ重い。







「はなつまん」
ひとつひとつ指でひねり、鼻のかたちを作っていく。ファンも多く、県外からの発注もあとを絶たない。



今回紹介したスイーツはスイーツ祭りで取り扱う商品のほんの一部です。
7月10・11日は八重の里にて皆さまのお越しをお待ちしております。(片)
| かごしまグリーン・ツーリズム協議会 | イベント | 18:32 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
物産館スイーツ祭りin八重の里 
 7月10日(土)11日(日)
まだご予定が空いている方・・・!!

ラッキーです

是非、物産館「八重の里」に行ってみましょう

目とお腹が喜びます

2日間にわたって、3つの物産館合同のスイーツ祭りを開催します
各物産館同士のネットワークをつなげることを目的に、今回KGT(かごしまグリーン・ツーリズム協議会)が企画しました

一つ一つの物産館が個性を持つことはもちろんですが、同じエリアで協力関係を築きながら情報交換や合同イベントを開催することで、エリア全体が盛り上がっていく
と思い、今回の企画に至りました

今回は近い近距離エリアの3つの物産館ですが、いずれは、エリアを超えた合同イベントができれば、物産館同士、お互いに刺激されたり新しい発想が生まれるのではと思います

各物産館自慢のスイーツをご用意していますのでッ
いつもは行かない物産館のスイーツを手に入れるチャンス
ご家族・お友達とドライブがてらお寄りください

当日は、MBCさんの取材も入る予定デス

ご案内↓
http://kagoshima-gt.net/chirashi/sweetfestival.pdf
| かごしまグリーン・ツーリズム協議会 | イベント | 19:28 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
長谷集落は元気集落
  限界集落という耳障りの悪い言葉がある。
6月2日に訪れた南さつま市金峰町「長谷集落」も、そう呼ばれて久しい山間の村落ではありますが、笑顔に溢れた人々が集う、とっても明るいところでした。
今日は〔NPO法人 プロジェクト南からの潮流〕が中心となり“長谷おしゃべりクラブ”なる長谷集落と周辺地域との交流イベントが企画され、公民館と隣接する ちごの滝窯研修館で行われました。

長谷集落のシンボル「立神山」
公民館から「立神山」を」望む

メニューとしては、陶芸教室、健康体操、折り紙教室、絵手紙教室など手軽に楽しめて誰でも参加できるものばかりで、すぐに隣同士が仲良くなり、地元食材でこしらえた昼食タイムでは皆が旧知の友といった雰囲気でした。

昼食は山の幸三昧
昼食タイムは山の幸三昧

この素敵な雰囲気づくりについて〔NPO法人 プロジェクト南からの潮流〕の田代代表に訊くと「ここに住む人たちは、この集落を愛している。その下地があるから私たちは、都市と農村をつなぐ接着剤の役目をするだけです。」と控えめな言葉が返ってきた。今後の活動については「限界集落のイメージを“元気集落”にしたい」と少しだけ語尾を強めに話された言葉が心に残りました。 (片野坂)

| かごしまグリーン・ツーリズム協議会 | イベント | 19:22 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>

bolg index このページの先頭へ