blog index

かごぐり日記

かごしまのグリーン・ツーリズム情報はここからGET! 体験×交流×人=笑顔
マナーアップ研修会・・・姶良伊佐地区の直売所に行けば、気持ちの良い接客に出会えます♪
 姶良地区の特産品販売所のネットワーク「ネットワークかごしま中央」主催の、販売員のマナーアップ研修会に参加してきました!

年に1回、姶良・伊佐地区の直売所に声をかけ実施している研修会。

マナーアップ研修をしている直売所があること、初めて知りました
大きな販売会社では販売員のマナーアップ研修とかしているイメージがあるのですが、、、
直売所は少ない販売員で営業しているところが多いので、人員を割けなかったり、マナーアップのことまでは考えていないという勝手な思いこみがありました・・・
反省



約50人ほど集まった今回の研修会。
素直な疑問で、どうやってこれだけの人数が集まれたのかを聞いてみたところ・・
「各直売所の意識が高いから。みんな、マナーアップに関心があり大切だと思っているから」
そうですよね。
直売所の販売員が少ないからといって、+になることに手出しをしないままの直売所は成長がない。
少ない人員の中でも、直売所のメリットになる活動には、どうにかやりくりして参加しようとする意欲・真剣さ感じました!

そもそも、ネットワークかごしま中央が設立された当初、「イベントを催す前に受入側の質を高めなければお客様は定着しない」という地に足のついた、しっかりとした考えのもと毎年毎年実施されてきたマナーアップ研修

日常の接客の中で、お客様に印象の残る接客をしているか?
―自分がどれだけ、毎日の業務の中で意識して接客をしているか、ハッとさせられる質問があったり。

何で挨拶をするんでしょう?
―いつも何気なくしている挨拶について考え、意見交換する体験ができたり。
何で挨拶をするのか、そう思った瞬間に、その意味・質を知り、今後の挨拶が変わる〜

充実した研修会になりました。

年に1回のマナーアップ研修は、日ごろの自分の接客を見つめなおし軌道修正したり、次は●●な接客ができるようになりたい!とステップアップする機会になります。

直売所に行って、気持ちよく接客してもらえたら嬉しいですよね
農産物の料理の仕方とか、旬な情報とか、商品への愛情と情報を持っている販売員さんとお話できたらまた行きたいって思いますよね

姶良・伊佐地区の販売員さんは、今回の研修会でそういう意識を持ちました!

さぁ、意識の高い販売員さんが皆さんをお待ちしています



*今回の研修会の講師は、
ラ・ポール株式会社の福岡 かつよ氏。
ブログで研修会の様子を紹介されています
http://news.ra-pport.com/2010/09/post-972.html


ネットワークを組んだからこそ、素敵な講師を呼ぶことができました!
一つの直売所だけじゃ、金銭的にも講師を呼ぶのは中々難しいですよね・・・
せっかく呼ぶなら、できるだけたくさんの関係者が参加した方が地域の底上げにもなる

皆で良いことは共有し、一緒にステップアップしていく活動・・・ネットワークの意義を感じました





| かごしまグリーン・ツーリズム協議会 | 物産館 | 19:03 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
ネットワークかごしま中央
 姶良地区の特産品販売所の連携を図る「ネットワークかごしま中央」。
かごぐりの会員さんでもあります。

鹿児島県にた〜くさん直売所はあり、各地域ごとにスタンプラリー等開催してますが、直売所の自主的なネットワークは鹿児島ではこの「ネットワークかごしま中央」さんのみ

各直売所単体だと、悩みを解決できなかったり集客にも限りがでてきますが・・・
こうやってネットワークを組むことで、悩みを相談できたり、単体だと実現が難しい研修会を実施できたり
お互いができることを協力してイベントを開催できたり、自身の直売所の底上げにも繋がります

地産地消の最前線である直売所が元気だと、地域の農家さんも潤うし、その地域に足を運ぶ人も多くなって地域全体が盛り上がる・・・

ネットワークかごしま中央は、自分のところだけでなく「姶良地区を良くしたい」と願い集まった直売所の集合体

忙しかったり、スタッフが少なかったりと、なかなか動きが取れない直売所もあるかもしれませんが、何もしなければ営業は横ばいのまま・・・
納めてくれている農家さんのことを考えれば、色んな工夫をしてお客様を呼び込む仕組みづくりをするのも直売所の仕事。
ネットワークかごしま中央さんは、忙しい中にも店長が集まってエリアの魅力作りチャレンジ中!!


他の地区にも、地域振興局が事務局をしている直売所のネットワークはあるので、ゆくゆくは自主的に活動できるネットワークになり、各地区にネットワークができ、地区同士の交流がうまれ、鹿児島県全体のネットワークができれば「鹿児島県の直売所」のステップアップになるんじゃないでしょうか

各地域のお手本になる、ネットワークかごしま中央さんの活動、かごぐりでも応援していきたいと思います

ネットワークかごしま中央 HP
| かごしまグリーン・ツーリズム協議会 | 物産館 | 16:43 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
かごんま物産館5☆牧園町特産品販売所
 物産館シリーズは北にすすみ・・・
「牧園町特産品販売所」のご紹介です。

こちらの販売所は、とれたて野菜はもちろん、特産の「しいたけ」の品揃えがすごかったです。
各しいたけ農家が工夫しあい、質を高め、乾燥・生しいたけ、どちらも大人気

かわいらしいお菓子もたくさん並んでいました
かわいいネーミングや、少量パッケージのお菓子を見ていると、次々に手にとってしまいます
その中のひとつ、
「もんぺおばさん」のふくれ菓子ですが・・・

モチモチ感が最高です
びっくりする位のモチモチ感。
ふくれ菓子でこんなモチモチ感がだせるなんてっ
噛み応え、あります


こちらの店長さんはとても熱心な方
−小さいお店だからこそ、その付加価値をつけたい。
−地でとれた物を地で消費する。

熱い信念を持って取り組んでおられます。

改善できることに積極的で、各農家の生産過程をまとめた「管理記録簿」を作ったり、
農家への家庭訪問で、実際に作られている現場を見学したり。

買う側の安心・信頼を常に考えておられます。

だからこそ、この霧島エリアで一番長い、昭和62年から続く直売所でいられるのでしょう


「牧園町特産品販売所」
霧島市牧園町三体堂2057
TEL:0995-78-2741
営業時間:8:30〜17:00
定休日:第1・3火曜日
| かごしまグリーン・ツーリズム協議会 | 物産館 | 19:51 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
かごんま物産館4☆国分物産館じょうもん市場
 かわいい木造の建物・たくさんのお花たちが迎えてくれたのは
国分物産館じょうもん市場


広い店内には、たくさんの新鮮野菜やお菓子・お弁当などがズラリ!
毎日来ても飽きない品揃えです

地元の方が毎朝持ってこられる旬のとれたて野菜や、作りたてのお菓子やお弁当。(じょうもん市場には、製造工房も併設しています。)

先月5周年イベントも開催するなど、たくさんの楽しみや美味しさを地元の方に提供しています
じゃがいもオーナーや、さつまいもオーナーというオーナー制度も設けていて、地元の方といかに関わっていくかを考え実行している物産館
(オーナー制度:物産館の会員さんの畑を借り、地元の方と栽培〜収穫までを楽しみます)

姶良・霧島エリアの特産品直売所で構成される「ネットワークかごしま中央」にも加盟していて、周辺の物産館との合同イベントなども企画されています

新しいことにチャレンジする物産館が地域にあると、地域全体の活気付けにつながりますよね


そんな元気な物産館では、毎週水曜日をお買い得DAYに

人気商品が50円引きです!
250円でも充分安そうなのですが

地元の方に特に人気なのが
「とっかさ」(売り切れていました・・!)
皆さんご存知ですか?

ついたお餅に、あんこをたっぷりかけた一押し商品

餅つきを暮れにしていたことから、
年こす→年とる→とっかさ
になったそう

毎日朝早くから作られる出来立てを求めて、開店前から来られる方もいるとか。
是非食べてみたいです!!




「国分物産館じょうもん市場」
霧島市国分中央5-3-10
TEL:0995-45-3322
営業時間:9時〜18時
定休日:1/1〜5
| かごしまグリーン・ツーリズム協議会 | 物産館 | 16:23 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
かごんま物産館3☆舎(やどり)はやとの風
 物産館シリーズ第3弾からは、少し霧島エリアが続きます♪

隼人駅にある「舎(やどり)はやとの風」
ここは、地元隼人周辺にある工場から、食べ物や伝統工芸品を取り寄せている物産館。

観光パンフレットも置いてある店内には、たくさんの美味しそうな品々があり、目移りしてしまいました

まずは、鹿児島の郷土菓子ー人気不動のふくれ菓子

生活研究グループさんが作っている、甘夏ふくれの登場です


写真で伝わるでしょうか??
かなりドッシリ、ボリューム大満足のふくれ菓子です
甘夏のふくれは初めて食べたんですが、しっかり甘夏の風味がするんですよ〜!
ふんだんに甘夏を使っているのでしょう・・・
●●味 という時に、あまり味がしない食べ物もありますよね。
ん??かすかに●●味がするような・・・? という位の。
好みにもよると思いますが、私はハッキリ味がする方に満足を感じるタイプ

このふくれ菓子を食べて、ふくれ菓子って色々なところで売っているけれど、
それぞれ味や食感が違っていて、同じ「ふくれ菓子」っていう名前でも
違う食べ物に感じる・・・・ふくれ菓子の奥深さに直面しました

ふくれ菓子の食べ比べ、面白そう(美味しそう)じゃないですか

こちらでは、他にも珍しいスイーツを扱っているんですが、人気な為今回は売り切れていて出会うことができませんでした・・・
ご紹介までに

【旬菜なおき】in溝辺
地鶏シフォンケーキ
→ふっくらしていて、卵の色がキレイ。写真だけ見ても美味しさが伝わってきました!

【お福庵】in福山
こんにゃく入りデザート
→こんにゃくの加工品を作るときは粉末を使うことが多いそうですが、こちらはこんにゃくをつぶして入れるから食感も、こんにゃく!!


舎(やどり)はやとの風
住所:鹿児島県霧島市隼人町見次390
営業時間:9:30〜18:00
休館日:日曜日
| かごしまグリーン・ツーリズム協議会 | 物産館 | 17:33 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
かごんま物産館2☆せせらぎの郷二渡

 物産館シリーズ第二弾は、
地域の人の交流の場になっている、「せせらぎの郷二渡」

木造りの建物で、優しさに満ちた雰囲気
地元で作った品々が毎朝並び、地域の人が買い物・おしゃべりに来る、地域と共に
を感じさせてくれる物産館です

そんなせせらぎの郷で、一番の人気はお弁当

ボリューム・品数・値段、総合的にみて、買いたい!と想わせるラインナップでした
ちょうどお昼時だったので、地元の方がたくさんお弁当を買いに来られていましたよ


私がもう一つ気になったのは、地元のお菓子屋さん田畑屋さん

←いこもち、
かるかん、
これもち、
ふくれ菓子。
郷土菓子がかわいいサイズ・形で選ぶのが楽しいです

ここで、私の個人的おススメをご紹介
アンコにもち粉と米の粉を混ぜ合わせ、蒸したお菓子「これもち」を
アンコの量を多め・皮を薄めに、おまんじゅうの様に改良したお菓子「これまん」
皮モチモチで、アンコはしつこくない甘さ
美味しかったです

この田畑屋さんは、買ってくれる人のこともすごく考えていて。
1人・2人暮らしの方が多いから一度に食べきれないことを考えて、賞味期限を少し短く設定しているそうです
ご高齢の方も多いので、お腹のことを考えて、表示の賞味期限を少し過ぎても安心して食べれるように
そういうお話を聞くと、ますます美味しく感じられちゃいますよね♪


せせらぎの郷二渡
住所:鹿児島県薩摩郡さつま町二渡4195-1
TEL:0996-31-7620
営業時間:8:30〜17:30
休館日:年中無休(1/1〜3はお休み)

| かごしまグリーン・ツーリズム協議会 | 物産館 | 16:34 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
かごんま物産館シリ〜ズ1☆八重の里
 HP上でも物産館を紹介していく予定ですが、一足お先にブログで「物産館シリーズ」を
始めたいと思います
第一弾目は・・・・・!
鹿児島市の北部 入来峠手前にある、とんがり屋根のかわいい建物が目印「八重の里」。

私たちが訪れたのはちょうど開店直後
手作りパンのいい〜匂いがお店中に広まっていました
人気の食パンは、やわらかくて、噛めばかむほど甘みがあって、
夢中で食べちゃう美味しさ
手作りパンの製造は朝のみ。確実に手に入れるためには、早い時間の来店をお勧めしますッ。



レストラン自慢のお蕎麦は、オープン以来14年変わらない味を守り続けている人気商品!
そば粉100%使用、ツユはしっかりダシが出ていて、飲みだしたら止まりません〜
そば定食(850円)についてくるおにぎりも、嬉しいおいしさ
地元郡山のお米を使ったおにぎりは、おにぎりだけを買いに来る人も居るとか

常連さんも多く、子供だった女の子が結婚して、子供を連れてお蕎麦を食べにくることも。
スタッフが心をこめて守り続けてきた「八重の里」は、地元に愛され、必要とされる物産館だなと感じました

入り口にも新鮮野菜がたくさん並んでいて、驚いたのは量と比較したときの安さ!
物産館のスタッフさんのアドバイスを聞きながら、各農家さん色々工夫して商品を出されている様子
近くを通る時は、八重の里での休憩、おススメです


「八重の里」
鹿児島市花尾町374-1
TEL:099-298-3455
営業時間:9時〜17時
定休日:月曜日

| かごしまグリーン・ツーリズム協議会 | 物産館 | 18:54 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>

bolg index このページの先頭へ